スポンサーリンク

過度のストレスで薄毛になる・・・なぜなのでしょう。

 

現代人は多かれ少なかれストレスを受けています。

 

我々ハゲは、それにプラスして「ツルッパゲ」の恐怖で余計にストレスに。

 

 

過度のストレスは薄毛に繋がるといいます。

 

確かにストレスが長く続くと、少ない髪のハリが無くなるような気もしますね。

 

 

 

仕事を大量に抱えるイメージ

 

 

 

ということで、過度のストレスを受けると薄毛にどのように作用するのか調べてみます。

 

 

 

交感神経が薄毛になる原因

 

人間はストレスを受けると、交感神経が働いて、心臓バクバクで血圧が上がる。

 

危険に対してスグに動けるよう自然に身体が反応するんです。

 

 

しかし慢性的にというか、過度のストレスを受け続けると、ずっと血圧が高い状態なんですよね。

 

血圧が上がれば髪に栄養が行くような気がしてしまいますが、それは誤り。

 

血圧が上がるのは太い血管だけで、毛細血管なんかは逆に収縮して血行が悪くなる。

 

 

 

毛母細胞に栄養が行かなくなる状態が、ストレスを受け続けている間続くわけです。

 

その間頭の毛細血管の血流が止まっているなんて、ぞっとしますね。。

 

 

 

悪いけど・・・そりゃハゲるよ。

 

 

 

過度のストレスは自律神経を乱し、「うつ」など怖い病気も引き起こします。

 

 

悩む男性

 

 

 

ストレスは間接的にもじわじわハゲさせる

 

ストレスによって活性酸素が多く発生してしまい、活性酸素を阻止するために体内の亜鉛が使われてしまいます。

 

そうすると髪の毛まで亜鉛がまわらなくなる。

 

 

それに他でも書きましたが交感神経が刺激されて、睡眠不足になる。

 

短い睡眠で得られた少ない栄養は、体の他の器官のエネルギーに使われて、髪の成長は止まります。

 

 

 

私も経験していますが、過度のストレスで」、胃腸の働きが悪くなることもありますよね。

 

髪に必要な栄養の吸収が悪くなります。

 

 

ストレスによって間接的にもボディーブローばりにジワジワ来るのです。

 

その攻撃は目に見えてくるわけじゃない。

 

過度のストレスを受けてから数か月経ったのちゴッソリ来るのです。

 

急にゴッソリ抜けちゃうのがストレス抜け毛の特徴のようです。

 

 

抜け毛を持つ手

 

 

 

ストレス薄毛の対策は・・

 

ストレスから逃げることは難しいですが、少しでも薄毛対策をしていきたいですよね。

 

交感神経に対して、リラックスしているときに出る「副交感神経」があって、リラックスすることで副交感神経が優位になります。

 

副交感神経が優位だと毛細血管が開いて、髪に栄養が届く。

 

 

 

どういう事をすると副交感神経優位に効果的か

 

正しい食事、軽い運動など在り来たりな事。

 

 

お風呂はヌルめで、長く浸かることによって、リラックスするし頭皮の血行が良くなります。

 

仕事を一瞬でも忘れられる大好きな趣味を持つと良いですね。

 

 

過度のストレスを感じているとワクワクすることが出来なくなってしまう。

 

ワクワクできているかどうかが、ストレスの具合を測る指標になるんじゃないでしょうか。

 

 

 

 

 

 

ストレス解消に釣りに行ってきた。

 

 

先日友人と釣りに行きました。

 

結果・・・・・

 

カワハギ写真
ハゲがハゲを釣った。しかもウマヅラ。

 

 

トップページ

 

 

 

スポンサーリンク